腎臓病は自覚できる?

知っておきたい腎臓病治療

自覚症状がないと言われていますが、尿やむくみなどの形で症状に出ることもあります。

腎臓病治療メイン画像

新着記事

最終的には腎臓病で人工透析が必要に・・・

腎臓病が進行すると、人工透析が必要となります。一生治療を継続しなければなりません。

腎臓病を治療するための方法と種類

投薬・食事療法・運動療法の3つの治療方法があります。

腎臓病は自覚できる?

病気の中には、かなり症状が進行しなければ自覚症状が出ないものがあります。

腎臓病のそのような疾病の一つだと言われています。

健康診断などで始めて腎臓病の疑いが指摘された、というようなケースも珍しくはないのです。

自分ではなかなか気づきづらい恐ろしい病気ではありますが、どのような症状が初期症状なのかを知っておくことは大切です。

腎臓の機能障害があらわれますと、尿が血混じりになったり、白く濁ったりすることがあります。

また、量についても極端に多くなったり、少なくなったりという変化が現れます。

腎臓は、体内の老廃物をろ過する役割を担っています。

ですから、老廃物そのものである尿には如実に症状が出るわけです。

血管の循環がうまくいかなくなることによって、むくみが生じることもあります。

顔や手足などに症状が出ます。

毎日むくみが出るような場合には、病院に行って診察してもらうようにするといいでしょう。

この他、血圧が高くなったり、発熱などの症状が出たり・・・様々な異常が出る可能性があります。

何か不具合を感じたら、医師に診てもらうような癖をつけるといいでしょう。

もちろん、冒頭で説明しましたように自覚症状が出ないことも多いので、定期健診は重要です。